TOP|尾賀亀について|代表挨拶

代表挨拶MESSAGE FROM THE PRESIDENT

代表挨拶

当社は1856年(安政3年)に近江八幡の地で創業以来、主に石油製品及び食品原料の販売事業を続けてまいりました。ここまで、企業として続けてこられたのも、地域の皆様方、関係する方々のご支援、ご理解の賜物と深く感謝しております。長年に渡って培った信頼をより強固なものにすべく、3カ年の中期経営計画に基づいた活動を2020年5月にスタートさせました。本計画では尾賀亀のミッションを「いい会社をつくる」と定義致しました。社員・お客様・社会にとっていい会社で有り続けるためにはどうすればよいのか、社員全員で考え行動することを大切にして参ります。一人ひとりのいい行動を積み重ねて、尾賀亀を「いい会社」に近づけて参ります。

目指す3年後の姿は、目まぐるしく変化する環境に先んじて対応するために、既存事業を進化させつつも次の尾賀亀グループを支える柱となる事業の土台を作ることです。創業時から脈々と受け継がれた尾賀亀の精神を大切にし、お客様や社会にとって無くてはならない会社であるために、お客様や社会が求める新しい価値を絶えず追求して、果敢にチャレンジして参ります。

2020年7月 代表取締役社長 尾賀健太朗

経営理念

誠実で嘘のない仕事を基軸に、産業用・生活用エネルギーの提供を通じて

  • 私たちは、お客様に熱狂的ファンになっていただけるような「ホスピタリティ伝説」を創造します。
  • 私たちは、利便性だけでなく、環境にも優しい真に快適で安全な生活空間・生産空間を創造します。
  • 私たちは、プロとしての技術力を磨き、相互信頼関係を確立し、笑顔あふれる家庭、そして職場を創造します。